03-3546-3633
受付時間:平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)

ブログ

BLOG
ホームchevron_rightブログchevron_right行政の"今"を聞く

行政の"今"を聞く

行政の"今"を聞く
2024.02.21

まちづくり新時代 02

~岩手県陸前高田市~ 復興、そして新しいまちづくりに進み続ける    陸前高田市 総務部長 千葉 恭一 さん       総務部 総務課長補佐 佐々木 真理 さん 震災からの復興を願い、応援職員から市の職員に転身 陸前高田市では、行政事務の包括業務委託、施設の指定管理者として、様々な行政サービスの支援をお願いしております。市役所の庁舎内では窓口などの定形的な業務を含め、市職員と共に行政事務に関わってもらっています。さらに、指定管理業務での市民文化会館、市立図書館の管理運営や、市立博物館での被災した古文書等の復元作業、学校支援の業務など多岐に渡ります。こうした包括業務委託、施設の指定管理業務委託によって、プロパー職員は政策や管理部門により特化でき、役割分担が明確になりました。また社員教育も含めて行っているので、仮に人が変わっても大丈夫な安心感があります。 震災から10年以上が経ち、県内外から多くの方が陸前高田市に訪れており、若い方々の移住‧定住も増えております。実は、私自身も、震災直後から、応援職員を経て陸前高田市職員として勤めております。震災時に、一関市からの応援職員として、陸前高田市に来たのですが、まち全体が瓦礫だらけとなった光景に衝撃を受け、また市民の方や職員の方々と接していくうちに「力になりたい」という想いが強くなりました。一年間程お手伝いをした後に、正式に陸前高田市の職員となり、市民の皆様と共に、復興に向けて力を注いできました。(千葉恭一さん) 業務委託によって、やわらかな雰囲気、訪れやすい場所に変化している         窓口サービス 令和元年度から導入した包括業務委託によって変化してきたことは、市役所の中にやさしい空気が流れてきたという点です。やはり窓口対応が市民の皆様と接する機会が一番多い中、窓口業務を担当してくださる社員の方々が、いつもにこやかにやわらかい雰囲気で接してくださり、高齢者の方々に対しても、時より方言を交えて話すなど、身近な存在として対応する姿を見ると、市職員の方も学ぶことが多いですね。市民の皆様への窓口アンケートでは、市民の皆様の満足度が99.5%であることからも、窓口サービスの向上がうかがえます。 また、指定管理業務の市民文化会館や市立図書館でもアンケート調査を実施しておりますが、いずれも、97%を超える満足度を、利用者の方々に感 […]

行政の"今"を聞く
2024.01.20

まちづくり新時代 01

~千葉県安房郡鋸南町~白石 治和 鋸南町長に聞く 「三方よし」を生み出す架け橋の役割が大切です。 自治体業務を民間企業に委託する意味は、職員も楽しく、いきいき働いてもらうことにある。 自治体の業務を共立ソリューションズのような民間企業に委託する意味は、自治体で働く職員の方々にも楽しく働いてもらえる環境づくりにあります。併せて、幅広く人材を集めることができるメリットもあります。職員がいきいき働くことで、住民サービスにも活気が生まれ、何よりも住民の皆様が「この街で生活して良かったな」と感じていただけることが一番なわけです。10年後のまちづくりの総合計画で目標とした「住んでよし、働いてよし、訪れてよし」の「三ツ星のふるさと」づくりの中でも、やはり住むこと、生活することの良さが最も重要です。働き方は多様ですし、他の場所で働くことも大いにあるので、この点では都会とのアクセスや交通機能の強化などの整備が重要だと考えています。そして、人々がこの街を訪れるための仕組みや、活気のある雰囲気を作り出すことにも力を尽くしています。花を活用することもその一つです。花は街に彩りを与え、季節感の表現が出来る。桜や水仙などの花を象徴的に活用していくのは、資源の少ない規模の自治体には有効だと考えます。 鋸南町の花まつりは、12月上旬の水仙から4月上旬の桜まで続く。源頼朝にちなんだ「頼朝桜」は、町内に14,000本、特に保田川や佐久間ダム公園には多数植栽。2019年には台風被害も、しかし、その美しさは健在! 今年も開花情報発信中! 廃校・廃園した小学校・幼稚園を再生したユニークな「道の駅」が大きな成果をもたらす。 2015年にオープンした「道の駅 保田小学校」。廃校となった小学校をリノベーションしたこの道の駅は、テレビ等のメディアでも取り上げられ大きな反響がありました。続いて、2023年10月には、隣接する「道の駅 保田小学校附属ようちえん」もオープンしました。この施設の運営を共立ソリューションズにお願いしているわけですが、その担い手である大塚園長の功績はとても大きなものだと感じています。もちろん大塚園長ご本人の能力や人柄によるところが最も大きいのですが、自治体のモデルケースとしてもレアケースですし、成功事例として大きな実績です。私自身は、「道の駅」は社会資本だと考えています。住民サービスのための […]

PKP事業に
ご興味をお持ちの方へ
CONTACT

ご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。事例を多数掲載した資料もダウンロードいただけます。
03-3546-3633 受付時間:平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)